読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
兵庫県播磨高等学校の取り組み「読書の学校」の模様を発信中です。

「読書カード」の取り組み

本校では、2004年度以降、
「読書の学校」づくりの一環として、
1年生を対象にした週1回の「読書の時間」(50分授業)や
全学年を対象にした「朝の10分間読書」を順次
採り入れてきました。

そして今年は、
自分自身が読んで印象深かった本や
友だちにおすすめしたいと思った本を
紹介してもらうための新しい取り組みとして、
「読書カード」を導入しました。

「読書カード」は、
表・裏の両面を使って、
次のような内容を書き入れるためのカードです。

〈表面〉
 読書の開始日・終了日
 書名、著者・訳者名、出版社、ページ数
 などの基本的情報

ura.png

〈裏面〉
 心に残るフレーズの抜粋、
 ポップのイメージ

omote1201.png

「読書カード」の取り組みの意図は、
とくにこの裏面にあります。

1冊の本から得た感動を
誰かに伝えるためには、
感動の余韻をじっくりと味わうことと、
自分の感情を適当な言葉に置き換えることが
必要になります。

感動の体験や手応えは、
ともするとすぐに消え去ってしまいますが、
深く味わい、言葉にする作業を経ることで、
その一瞬を記念写真のように留めておくことができます。

図書だより9月号」でも、
ポップの作成手順や、
参考となるポップのサンプルを紹介しています。

イラストや色使いを工夫することで、
より華やかなで視覚的に印象深いポップに
なることは間違いありませんが、
イラストの有無や見栄えはあまり大きな問題ではありません。

ポップづくりの醍醐味は、
自分の心に訪れた一瞬のきらめきを、
他の誰かと共有できる「言葉」に託す行為にあります。

「読書カード」を通じて、
ぜひ、そんな体験をしてもらいたいと思います。

提出された「読書カード」は、
順次、図書館前に掲示したうえで、
生徒のみなさんが在学中の間
図書館で保管しておき、
卒業の際にまとめて返還することにしています。