読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
兵庫県播磨高等学校の取り組み「読書の学校」の模様を発信中です。

先生の1冊とは?

ひとつでも多くの
「きっかけ」が生まれることを願って選書されたのが、
「はじめの1冊×100」です。

今度は、「誰が選んだ本か」という情報と、
選んだ人が「どんなことを思ってその1冊を選んだのか」
という情報をセットにして、
生徒に紹介したいと考えました。

そこで、生徒にとって一番身近な、
各教科の教員が選書とレビューの執筆を行う企画が
はじまりました。

日々の業務が忙しく、なかなか
本のレビューを書く時間がとれない教員もいますが、
ゆくゆくは、全ての教員の「1冊」を生徒に紹介する予定です。

「先生の1冊」が、
2冊目、3冊目に突入するころには、
「私の1冊」を何冊も持っている生徒が
増えているにちがいありません。