読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
兵庫県播磨高等学校の取り組み「読書の学校」の模様を発信中です。

「図書室づくりをしよう。」(第1回)


私たち文芸部・図書部・読書部は、
「友だちに薦めたい一冊」を持ち寄り、
目を引くPOPにするなど、
趣向を凝らした活動を展開しています。

現在利用している図書室を、
わくわくしながら訪れる場所にしていくために、

「本を魅力的に見せる」
「書棚全体を魅力的に見せる」

の二つの「見せ方」に工夫を凝らしながら、
持ち寄った本をテーマごとに分別して、
POPを制作し、書棚に置くなど、
「本の魅力を人に伝える」方法を模索しています。

 ――図書室前に掲示された、メッセージボードより


読書部、図書部、文芸部の生徒たちによる、
図書室づくりをしよう。」の活動レポートです。


図書室づくり」とは?

 「図書部・文芸部が選んだ20冊」を使って、
 分別・並べ方に工夫を加えながら
 特設スペースに本棚を作ることを目指しました。


■第1回のレポート

日時:
 2011年6月24日(金)

内容:
 (1)POPの目的と工夫についての意見交換
 (2)各自が1冊ずつ選んだ本を紹介するPOPづくり

レポート:
 POPづくりでは、
 記載するための文章作成と、実際のPOP製作の段階を分けずに、
 「文章作成」「イラスト」「工作」を一緒に進める方法が採られました。
 最初に文章を考える生徒、POP全体のデザインから考える生徒――
 と進め方はさまざま。

 完成したPOPには、文章をぎっしりと書き込んだ“読ませる”もの、
 イラストが目を引くもの、デザインで見せるものなどがあり、
 生徒それぞれが「自分の作りたいものを作った」ことが
 感じ取ることのできる作品になっていました。


活動風景:
<机に向かう生徒たち>
1_机に向かう生徒たち_convert


<POPを描いている生徒>
2_POPを描いている生徒1_convert

3_POPを描いている生徒2_convert


<相談しながら活動する生徒たち>
4_相談しながら活動する生徒_convert


<この日完成したPOP!!>
POP1_convert.jpgPOP2_convert.jpg
POP3_convert.jpgPOP4_convert.jpg
POP5_convert.jpgPOP6_convert.jpg
POP7_convert.jpgPOP8_convert.jpg